新型コロナウイルス感染症対策に関連した国際的な人の往来の再開(新たな水際対策措置)について、「ビジネストラック」「レジデンストラック」部分に係る手続き等の詳細が公表されました。

ビジネストラック
本件試行措置により例外的に相手国又は本邦への入国が認められ、「本邦活動計画書」の提出等の更なる条件の下、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる(行動制限が一部緩和される)スキームです。主に短期出張者用です。
レジデンストラック
本件措置により例外的に相手国又は本邦への入国が認められるものの、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機は維持されるスキームです。主に駐在員の派遣・交代等、長期滞在者用です。

措置の具体的な手続き等については以下の外務省等のHPよりご確認ください。
国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(概要)
国際的な人の往来再開に向けた段階的措置(外国人の方が利用される際の査証の申請について)
レジデンストラックの手続きについて