制御・情報システム委員会では、今年も恒例のJSIA技術セミナーを開催いたします。今回は、“次世代移動通信システム(5G)”と制御盤設計の効率向上に関わるテーマを計画することになりました。
 IoT時代のICT基盤となる「5G」については、配電盤・制御盤メーカにとっても生産プロセス等の面で将来的に関わりが出てくることが予想されるため、今後の技術動向を探るという観点から取り上げておりますが、 特別講演として、総務省 新世代移動通信システム推進室 課長補佐 豊重巨之 様よりご説明していただくことになっております。また、制御盤設計の効率向上も継続的に取り組むべき課題と位置付けており、この関連テーマとして、「3D設計製造ソリューションの現状と課題」を準備しております。
 さらに、展示イベントとして、“省工数機器(ねじなし端子機器等)”の専用展示室を設け、セミナー参加者に各社の新製品等を比較しながらご覧いただく場も用意いたします。
 是非、この機会にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。
 参加希望者は、別添の参加申込書にてお申し込みください。

1.開催日時
2019年11月12日(火) 13:20~16:20  (受付は12:30から)
※省工数機器の展示は、12:30~ご覧いただけます。

2.セミナー会場
浜松町東京會舘「オリオンルーム」
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル39階、Tel:03-3435-2611(代)
JR浜松町駅、都営浅草線・都営大江戸線「大門」駅
http://www.kaikan.co.jp/hamamatsucho/access/index.html 

3.参加費:無料
4.定員:70名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
5.申し込み締切日:2019年11月8日(金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6.講演内容
<テーマ1> 13:30~14:30(質疑応答の時間を含みます。)
タイトル:第5世代移動通信システム「5G」に関する政策の最新動向
超高速・大容量、超低遅延、多数同時接続といった特徴を有し、様々な分野での活用が期待されている「5G」の2020年実現に向けて、総務省では5G総合実証試験等の取り組みを推進しています。本講演では、5Gに関する政策の最新動向を紹介します。
【講演者】総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課
新世代移動通信システム推進室 課長補佐 豊重 巨之  様

<テーマ2> 14:50~15:40(質疑応答の時間を含みます。)
タイトル:日本のモノづくりを支援する、3D設計製造ソリューションと現状の課題
近年、日本の配電制御盤設計において、3D設計が一部普及しつつある。本セミナーでは、最新の3D設計ソリューションの概要と実務レベルでの課題を紹介します。また、3D設計を展開する上で、組織&プロセス改革の重要性についても言及します。
【講演者】図研アルファテック株式会社 営業本部 営業部 ACAD営業課 課長 小久保 晴彦  様

※ 製品展示は、セミナー会場に隣接する「シルバールーム」にて行います。
なお、出展メーカとして、オムロン(株)、三菱電機(株)、富士電機機器制御(株)、IDEC(株)、ワゴジャパン(株)、フェニックス・コンタクト(株) の6社を予定しております。